FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初・初音

砂糖水です。

数年前に購入したままほとんど手をつけていなかった
「ボーカロイド2初音ミク」を、初めて使ってみました。

インストールしたのもかなり前。改めて起動してみると
インターフェイスなんか全然覚えてなくて、
「何この予想を上回る渋い色合いは!?」
と驚き。

画面上部に見慣れぬアイコンが並んでいるのはいいとして、
左側には鍵盤が縦に表示され、下部にはよく分からない項目。
メインとなる歌詞と音程を入力する部分には
ノートか何かのように縦線と横線が無機質に走っているだけ。

ひたすらシンプル。
そしてストイック。

あれ、初音ミクって、もうちょっとこう・・・
かわいい感じじゃなかった・・・???

ネギ持って踊ったりしてたと思うんだけど。

これが本当の初音ミク???

一瞬戸惑うものの、
よくよく思い返せば、
当初の初音ミクはまだ声だけの存在でした。



それはまるで挿絵のない小説のヒロインのようで。

パッケージには確かに姿が描かれているのに、
その存在はひどくあやふやで、
この緑髪のツインテールの少女が果たしてそこに
「いる」のか「いない」のかすら判断できず、
それゆえに不思議な魅力があって。

彼女はきっと「歌」そのものなんだと、
何となく思っていました。

何もしなければどこにもいない。
誰かがどこかで曲を作り、初音ミクが歌った瞬間、
彼女はそこに「存在」する。

別の場所で別の誰かが作った曲の中にも「存在」する。

遠く離れた場所で曲の数だけ無数に生まれているのに、
彼女は全て同一の存在。

・・・なんだろうね、この感覚。
通常とは異なる認知の仕方が求められるというか。

(私が大好きな「serial experiments lain」という
 昔のアニメを思い出しました。あれは名作!)

今では初音ミクはすっかり「キャラクター」として
大活躍しています。
当初の神秘さは薄れましたが、
この「キャラクター」を創造したのは
間違いなくユーザーのみなさまなんですね。

形のないものに姿を与え、
命のないものに命を吹き込む。

通常、それを行なうのは作り手、メーカーです。
でも初音ミクは、ユーザーがみんなで作ったんです。

これ、ものすごく壮大な出来事だと思うのです。
上手く言い表せないけど・・・。
うん、大げさに書きすぎて、
自分でもよく分からなくなってきた。



ちなみに、
私の初音ミクは今のところ全く言う事を聞いてくれません(=仝=;)
第一声の

「♪あ~」

を聞いて、「かわいい!」と思ったのもつかの間、
その後いくら音程を変えても

    「♪あ~」
「♪あ~」
        「♪あ~」
    「♪あ~」
            「♪あ~」
    「♪あ~」
「♪あ~」

全部同じように歌いやがる!
歌詞を入力し間違えても律儀にその通りに歌う。
いや、私が悪いんです、はい、すみません。

これは結構大変かも知れん・・・。
スポンサーサイト
[PR]

寄り道して曲作り

砂糖水です。

絵がっ!
絵が描けません、大臣~っ!(誰。

この前まで、妙に危機感を覚えて
絵が描けるようにならなきゃ! と
意気込んでいたんですけど。

全く進歩していません。

まあ、原因は分かってるんです。
ここ数日、始めたばかりの絵の練習を
サボっているからです。

はい、自爆しろ。

言い訳をしますと・・・
私、もともと絵を描くより
曲を作るのが好きなのですね。
(得意ではないですが)
で、
ふとしたきっかけで
よさげなメロディーがひらめいちゃって、
勢いに任せて
新しく曲作りを始めちゃったわけです。

これがもう楽しっくてさあ!

やめられなくってさあ!

なかなか大変ではあるんだけど、
音楽ソフトを使って
少しずつ楽譜を書いていくのが
すごく楽しい。

本当にね、パズルみたいな感覚なんですよ。
完成形は自分の頭の中にしかないから、
実際に譜面に打ち込む前に
しっかりイメージを固めて。
歌にするつもりだから歌詞も同時に考えたり。

現在はBメロに当たる部分に取り掛かってるんだけど、
今のところはかなり順調。
そのあとに来るサビのメロディーも思いついてるし。

歌の制作は今までにも何度か挑戦して、
そのたびに上手くいかなくて挫折してるから、
今回こそは何が何でも完成させたい。

ただ、おかげでほかのことが
おろそかになっているのも事実なので、
(絵とか絵とか絵とか)
熱中しすぎないようにしないと。

精進精進。

前回告知しました音声作品も、
思わぬところで手こずりつつも
順調に編集を進めていますので
今しばらくお待ちくださいな。

『アナタとリンク(仮)』制作中

砂糖水です。

今日は5月21日。
日食見ました??
私は見る気満々だったのに
諸事情で見逃しました。
諸事情のばかやろう。


 ☆ ☆ ☆

 
ただ今、新たな音声作品を
鋭意製作中!

タイトルは
『アナタとリンク(仮)』。

「イキたくてたまらないHなお姉さんが出てきます。
お姉さんが、アナタに暗示をかけます。
暗示のおかげで、アナタの下半身と
お姉さんの下半身の感覚が繋がります。

お姉さんが電話越しに色々指示してくるので、
その通りにしてください。

アナタが1回しごくと、
お姉さんが1回イキます。
2回しごくと2回イキます。
10回しごいたら10回イクわけです。

あとは・・・お察しの通り!」

そんなとんでもないシチュエーションによる、
下半身処理のお手伝い音声です。

是非是非、暗示をかけられたつもりになって
おねだりお姉さんのお願いを
聞いてあげてくださいな。

声優さんは、前作でもお世話になった
七凪るとろさん。
今回も相変わらず抜群の安定感を披露してくれました。
オトナっぽい声と気だるげなしゃべり方は
要注目です!

DLsiteにて近日中に発売予定。
よしなに!

映画「リング」感想

砂糖水です。
 
この前テレビで映画「リング」
(監督・中田秀夫、主演・松嶋菜々子)
を放送していたので、久し振りに見ました。
 
半分くらいの場面は覚えてたんだけど、
頭の中では全然繋がってなかったので
「ああ~こういう流れになるのか~」と思いながら
見てた。

竹内結子、若い!
中谷美紀、かわいい!
 
懐かしかった!
 
そしてつまんなかった!
 
いやだってさ、ダメでしょ、これ。

確かに怖いシーンはいっぱいあるよ。
まず、智子(竹内結子)のお母さんが押入れ開けるシーンでしょ。

お「智子っ!」
 ガラッ
 (変顔死体のどアップ)
 ぎゃ~!

車内で死んでた女子高生を引きずり出す映像を
コマ送りするシーンでしょ。

 (コマ送り中)
 (コマ送り中)
 (コマ送り中・・・変顔のどアップ)
 ぎゃ→!

ベンチに座ってる真田広之の視界に
白い服を着た女の足だけが入ってくるシーンでしょ。

 コツ、コツ、コツ・・・
 (向きを変え)
 コツ、コツ、コツ・・・
 (歩み寄る)
 ぞわわ~!
 
それから、お馴染み、
井戸から這い出てきた貞子が
テレビからも這い出てきちゃうシーンでしょ。

貞「よいしょ・・・よい、しょっと。
 ふぅ~。
 やっと上がってこれたぁー。
 で、次はテレビから・・・あーこれ狭そう。
 ちゃんと通れるかなぁ・・・。
 んっ・・・よっ、と。ふっ! んぬっ!
 はぁ、な、何とか出れた~。
 あれ、どうしたの?
 びっくりしてる?
 ご、ごめんねっ! 
 わたし、疲れちゃって、
 こんな変な歩き方になっちゃって。
 待ってて、今そっちに行くから・・・」
(ギョロ目のどアップ)
 ぎゃ=!
 
ホラー映画として見れば、面白いのです。
怖いわけだし。
何も間違ってはいないのです。

なんだけど、ストーリーがね・・・。

序盤のあらすじは、
「テレビのディレクターを務める主人公・浅川玲子が、
 姪である智子の死の真相を探るうち、
 巷で噂になっていた
 見たら7日後に死ぬとされる
『呪いのビデオ』に辿り着く」
というもの。

で、どこがダメなのかと言うと、
肝心要であるはずの「呪い」が、
いつまで経っても「噂」の域を出ていないこと。

周りの人間が口々に
「ビデオが・・・」
とか
「7日後に・・・」
とか言うわけだけど、
それだけじゃ情報として弱すぎる印象なんですよね。

「死」と「ビデオ」が直結していない。
あやふやなまま話が進む。

だから、主演の松嶋菜々子がビデオを見てしまうシーンも
視聴者に危機感が伝わってこない。
テレビのディレクターという職業についているせいで、
確証もないのに呪いを信じちゃう展開が余計に不自然に見える。

「私ビデオ見ちゃった! 7日後に死んじゃう~!」
ってあわてても、全然呪われたように見えない。
「え、ホントに今ので呪われたの?? だってただの噂なんでしょ??」
って思っちゃう。
「鵜呑みにするなよ!」
って。

もっと、呪いの実在を信じ込ませるような強烈な描写がほしかった。
「やべ、呪われちゃったかも! どうするどうする!?」
って、主人公と一緒にハラハラしたかった。
それだけが残念。

でもエンディングの曲はよかったね!
「♪きっと来る~」ってやつ。
最初はベースがメインの伴奏だけで、
コードが変化しないから淡々として、でもじわじわ盛り上がって、
そのうち加工されたボーカルが同じ歌詞を何度も何度も繰り返して、
盛り上がって盛り上がって盛り上がって、
で、伴奏が突然リズムを刻むのをやめ、
同時にボーカルが高らかにサビを歌い上げる・・・
「♪Uh~ きっと来る~♪」。

この流れ!

めちゃめちゃカッコいい!

ぞわぞわした!

ちなみにこの歌、全然怖い曲じゃないんですよ。
「リング」に使用された時は大幅にアレンジされていたけど、
ちゃんとした普通のバージョンもあって、
そっちの歌はとても爽やかでノリがよくて明るいのです。
こんなに印象が変わるなんて、
編曲の力は偉大だね。

上達したい

砂糖水です。
 
絵がっ!
絵が描けません、師匠~!(誰。
 
最近、妙に疲れが取れないなーと
思っていたら、
ずっと絵の練習をしていたからでした。
慣れないことするもんなじゃないですな。
 
漫画は無理でも
自分が作ったものの扉絵くらいは
描けるようになりたい。

というか、
描けなきゃマズイ。
 
でもねぇ・・・

今までも、絵を描こうと思ってすぐ挫折、の人生を
送ってきたからねぇ・・・

思い返せば、私はアニメじゃなくて
特撮で育ってきたのでした。
未だに「変身」とか「怪獣」とか
大好きですもん。
分かります? 分かりますよね、
分かってくれますよね!? ね!?

(復活しないかな、某怪獣王・・・)

一応、人に見せられないような4コマ漫画を描いて
遊んでいた時期もありました。
でも結局は趣味として定着しなくて。
 
同人活動を始めた時も、扉絵の重要性に
気づいてなかったんですよね。

甘かった・・・!

今になってあわてて色々描こうとしてるんだけど、
コツが全く分からないです。
服なんか、めくるのに失敗した新聞紙みたいに
ゴワゴワになる。
髪の毛なんか、秘境の熱帯植物みたいになる。

それ以前に、顔が福笑い。
私が顔を描くと、いつでも正月気分。

先に輪郭決めて、鼻描いて、
それで目を描くんですけど
右目と左目の位置がずれる・・・なんで??
そもそも鼻の位置が間違ってるの??

めげずに笑って福を呼べってことですか。
そういうことですか。

頑張ります。

 ↓

(お絵かき中)

 ↓

・・・やっぱり泣いていいですか。

新作&『理由』感想ちょこっと


お待たせしました~。
私、砂糖水の久々の音声作品、

『イジメっ娘3人に搾精されてきた+逆襲してきた』

が、DLsiteにて販売開始!

http://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ095721.html

2部構成で、
少女達にねっとりイジメられちゃう
『搾精されてきた』が約80分間、
無理矢理イジメ返しちゃう
『逆襲してきた』が約40分間。
合計約2時間。2時間ですよ、あなた!

・・・改めて、何この大ボリューム。

今まで私が制作してきた音声作品は長くても
1時間弱でしたからね、
さすがに自分でもちょっと呆れました。

でもその分、内容も充実したものになっているはず!
そう信じたいデス、神様(´-人-`)

出演してくださった声優さん達
(蒼倉りかさん、かなせさん、七凪るとろさん)も
素敵な方達ばかり。

蒼倉さんは小川のせせらぎのような
サラサラしたお声がとても心地よく、
セリフの言い回しも丁寧で好感が持てます!

かなせさんは愛嬌たっぷり茶目っ気たっぷり、
ちょっとツンツンしたお声と相まって
おどけた演技が様になっています!

七凪さんは過去にも私の音声作品に
出演していただいたことがあるのですが、
感情の表現が本当に素晴らしくて
毎回度肝を抜かれます!

そんな素晴らしい声優さん達の力で成り立っている
『イジメっ娘3人に搾精されてきた+逆襲してきた』、
ちょこっとでも気になってくれた方がいましたら
DLsiteでチェックしてくれると嬉しいです=!


  ☆ ☆ ☆


・・・この前テレビでやっていた
宮部みゆき原作のドラマ『理由』を
見ましたよ。
小説は未読。過去に公開された映画版も未見。

なんか登場人物がみんなセリフの中で「家族家族」って
バカの一つ覚えみたいに繰り返してて、
聞いててゲシュタルト崩壊を起こしそうになってしまった。
これ、「家族」をNGワードにしたら
全員途中で退場だよ。
はい、アナタ失格~。アナタも失格~。
アナタは2回繰り返したから罰ゲーム~。
せっかくのドラマなんだし、
伝えたい事があるならセリフじゃなくて
映像で表現すればいいのにな。
(尺が足りなかったのかな??
 中盤の展開もナレーションで済ませちゃってたし)

映像に頼りすぎるのも良くないとは思うけど。
CGしか見所のないSF映画とか。
役者さん、ブルーバックで撮影してるんだろうな、
とか考えると、すごいと思うと同時に
ちょっと気の毒になってくる。

じゃあお前が作るものはどうなんだよと
言われそうですが。
ハイ、スミマセン。大口叩きました。

精進精進。


あ、『理由』、速水もこみちの役はよかったです。
私はかなりのひねくれ者なので、
キレイ事ばかり並べて
視聴者に感動の涙を強要してくる
図々しいキャラよりも、
醜い部分を無様にさらけ出して
ジタバタ悪あがきして他人にいっぱい迷惑かける
キャラのほうが、
「人間」らしくて好きだったりします。

新作予告!


現在(2012.05.09)、成人向け音声作品の最新作を鋭意製作中です!

タイトルは
『イジメっ娘3人に搾精されてきた+逆襲してきた』
                       っ!

可憐・無邪気・クールな3人の女子高生に囲まれて
よってたかって体のごく一部をイジられ続ける80分間(『搾精されてきた』)と、
逆に少女達を個別にイジメ返す30分間(『逆襲してきた』)の豪華2本立て!

・・・何気に映画1本分の大ボリューム
                Σ(@д@;)

キャストは、
蒼倉りか様、かなせ様、七凪るとろ様と
こちらも豪華仕様となっております。
 
今月中(2012.05)にDLsiteにて発売予定。
 
責め抜かれたいM属性のアナタも
イジメ抜きたいS属性のアナタも
みんなまとめてどんと来い!
 

テスト

ブログ作りました^^
只今ブログのテスト中
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。